便秘解消に私が取り入れている事

私は産前から便秘ではあったのですが、出産後その症状がひどくなり、正直出血するような事態にまでなりました。
その際病院で診てもらった時に言われたことや、自分がやってみて良かった悪かった方法などをご紹介したいと思います。
産後授乳のため便秘になるお母さんは多いと聞きますが、それは水分不足が主な原因だと聞いていました。しかし、産後の睡眠時間が短かったり食事がとれなかったりという不規則な生活も原因の一つだと私は考えています。そのため、卒乳した現在私が心がけているのが生活にリズムをつける事です。
不規則な食事時間をなるべく一定の時間にとるようにし、間食をしない生活を心がけるようになりました。また飲料にも気を使うようになりました。水分不足になりがちな夏場の時期は、水や麦茶に加え心がけてポカリスエットなど体が水分を吸収しやすい飲料を取り入れるようにしました。はじめは甘さが気になりましたが、少し水で薄める事でカバーしています。また糖分も多く感じたため、ペットボトルタイプではなく、粉末タイプを購入し、自分で溶かして冷蔵庫に入れて保存しています。
その他にも食品でも便秘改善に効果が高いものを取り入れるように心がけました。病院ではさつまいもやヨーグルトなど様々な食品を勧められましたが、あまり効果が得られず本当に色々な食品を試しました。そんな発酵食品の中で私の体にあっていたのが、納豆です。納豆は割と手軽にとる事ができますし、毎日食べても飽きません。それでいて便秘の改善に効果的で、量も少量でよかったのが私にあっていました。
また野菜の他にフルーツも心がけてとるようになりました。以前の私は野菜は好きで結構食べていたのですが、フルーツは値段も高い為ほとんどとらずにいました。しかし、フルーツの食物繊維やビタミンなども大切だとしり、こちらも心がけてとるようにしています。
また、卒乳してからはよく歩くようになりました。子供と散歩に出かける事が多いのですが、なるべく歩いて、一緒に遊ぶようにしています。出産してからかなり冷え性が進行していたのですが、便秘同様歩く事でこちらも症状が緩和されました。
また、お風呂などでお腹をぐるぐるとマッサージするようにもしています。これはとても手軽で腸を動かす事が出来る為、湯船につかったら子供と歌を歌いながらぐるぐると手で腸を動かします。体を冷やさない事も大切だと聞いたので、入浴後はサッと寝てしまうのも大切だと感じています。
産後すぐは出血するほど硬い便でしたが、卒乳し様々な食品と軽い運動を取り入れた事で、最近では定期的に排便がくるようになり本当に安心しています。子供のためにも、もう少し体に気をつけて頑張りたいと思っています。