便秘の原因と水

小さい頃から便秘症で、多少軽減はされましたが大人になった今でも悩まされてしまっています。
私の便秘のローテーションは、とにかくお通じが無い状態が2週間〜10日ほど続きます。
その後、便秘が限界に達すると下痢を起こし蓄積されていたものが一気に排出されます。
便秘が解消された後はすっきりした気分で、また次の下痢に向けて(?)便秘が蓄積していく。
この繰り返しです。
便秘の原因には食習慣と生まれつきのこの2つの要因があると思っています。
もともと祖母、そしてその娘である母親、そしてその娘の私、と便秘を発症しやすい家系では合ったようです。
さらに私の場合、自律神経系が弱かったのか、学校に行くのが嫌な日の日の朝や、人前に立ってスピーチをする直前は、決まってお腹が痛くないり、トイレにこもっていました。
お腹を出して寝るとすぐに寝冷えを起こして、またまた下痢。
この3代続けての便秘症と自律神経の弱さは、私の便秘症の大きな要因だと思います。
もうひとつの要因、食習慣については、こちらにもやはり便秘になりやすいものだったことが分かっています。
実家を離れるまでは本当に水分を摂らない生活をしていたんだなと、今感じるのです。
食事の膳に、汁物が出ることは稀だったし(水分で腹が膨れて野菜を食べられなくなることを防いでいた、という母の言い分)、当時は小学校や中学校ではペットボトルをカバンに入れて授業を受ける、なんてことはありませんでしたし(体育の授業の後に、水道水を蛇口から飲む程度)。
そんな私の便秘の症状が少し穏やかになったのは、実家を出て一人暮らしを始めてからです。
当時ダイエットや美肌には水分をたくさん摂ることが良いといわれていました。
雑誌の憧れのモデルを真似て、毎日2リットルは水を飲むようにしたのです。

水を飲むことは簡単そうに聞こえますが、意外と難しいのです。
いつも目のつくところに水を置いておいて、意識的に口にするようにしない限り、1リットルも飲まないでしょう。
これによって思いがけず調子が良くなったのが便秘でした。
水分が腸管の中で便が固くなりすぎるのを防ぐとともに、排出されやすくなったようです。
お通じがあることによって、あきらかに肌の状態が良くなったのです。
カサカサとしてくすんでいた肌が心なしか白く澄んだ美肌になったのです。
ダイエット効果は残念ながら感じませんでしたが、お通じがあることで美肌になり、下腹ポッコリも防げるのです。
それ以降今に至るまで、水分をたくさん摂る生活を続けています。