私には大黄甘草湯が合っているようです

私が便秘薬に頼るようになってからもう30年になります。食生活の改善などあまり努力もせずに安易に薬に手を出してしまいました。
センナ・ダイオウ・アロエなど生薬が原料になっている薬を中心に用いています。まず、センナですが、比較的効くものの、腹痛や嘔吐をすることがあり、しばらくは飲んでいたのですが、だんだんと避けるようになってきました。アロエは効き方が不安定で、おなかがヘンな感じになるので、これも却下しました。
そして、現在飲んでいるのがダイオウの薬です。今は便秘で内科にかかっており、いろいろな薬を試してもらいました。漢方も何種類か処方されたのですが、その中で、ツムラの84番、大黄甘草湯が私に合うような気がするので、それを使っています。大黄甘草湯は他の便秘薬によくあるような腹痛も全然ないし、下痢も少なく、自然に近い排便があります。
用量は1日2袋まで、2回に分けて飲むということなのですが、私は就寝前に2袋まとめて飲んでいます。頑固なので、ガツンと飲まなければなかなか効かないのです。これを飲むと、朝食後と夕食後に2回お通じがあります。
夕食はたくさん食べるせいか、その後の便意はしっかりとあるのですが、朝食後の便意は微弱なので、よく浣腸を用います。浣腸を使ってでもそのときに出しておかないと、次に出す機会を失うような気がしてこわいのです。それだけ私は便秘を気にしていることになります。
私はすでに子どものころから便秘気味で、親によく浣腸をしてもらっていたので、浣腸に対する抵抗もないし、自分でうまくできるので、それは問題がありません。ただ、ひとつのドラッグストアだけで買うのはやはり恥ずかしいので、複数のお店で買うようにしています。
余談ですが、先日ドラッグストアで便秘薬を買う人を見て、私と同じように便秘の人がいるのだということがわかり、何だかホッとしました。お医者さんによると、女性の3人に1人は便秘だといわれるのですが、みなさんそんなに悩んでおられる様子が見えないので、うらやましく思います。私のように人知れず困っておられる方もあるのでしょうか。
大黄甘草湯を当初は毎日飲んでいたのですが、しだいに少し間隔を広げようと思い、現在は2〜3日に1回程度です。4日目ぐらいになると、おなかがパンパンにはってくるので、それ以上は我慢できません。このようにおなかがはるのも便秘薬を常用しているせいだと聞いたことがありますが、今さら引き返すこともできないので、しかたがないと思っています。排便があるだけでうれしいのです。