妊娠中に悩まされた便秘

妊娠してから初めて便秘と言うものを経験しました。
ここまできているのに出ないと言ったお知りにすごく不快感を与えるような状態に悩まされる日々が続き、病院で処方してもらった薬も飲みすぎて下痢になったこともあり、薬の調節もすごく難しかったです。
病院で処方される便秘薬にもいろいろと種類があるそうで、私はその中から自分に合いそうなものを調節しながらのみ、適度な運動と、食事制限で便秘解消に試みました。

 

食物繊維が豊富で、鉄分もすごく豊富なプルーンは妊婦の私にとってはすごくぴったりな食べ物でした。
毎朝、バナナとプルーンを豆乳で割って飲んでいたのですが、すごく美味しかったです。
これだけでおなかもふくれて、食べすぎ防止にもなり、体重増加を防ぐのにもすごく効果的でした。

 

そして、もうひとつはおからです。
ハンバーグやナゲットなどを作るときには、おからを混ぜてかさましをして作っていました。
そのほかにもおからホットケーキやおからケーキなど、どんなケーキを作るにもおからと野菜を入れて、おやつとして食べていました。
妊婦でも、おやつを食べたいときにはホットケーキミックスの割合を少なくしてほぼおからを使ってケーキを作ることでヘルシーにスイーツを食べられることが出来ました。
すごく美味しかったので、産後のダイエットや、子供のおやつにも今でも作っています。

 

運動は主人と一緒にウォーキングをして軽く汗を流します。
激しい運動は出来ないので、ストレッチをしたり、マタニティヨガをしたりと運動不足にならないように気をつけていました。
おなかが張るときには横になって安静にします。

 

食べ物と運動を続けたからか毎日出るわけではありませんが、便通に悩むことがなくなり、少し楽になってきました。

 

しかし、切迫早産で入院をしなければならないことがあり、おから料理も軽い運動も出来なくなり、便秘に悩まされるようになりました。
そしてさらに貧血気味だということで鉄剤も飲まなければいけなくなり、便秘に悩まされるようになりました。

 

下痢になってもいいから出したいと思うこともあり、便秘薬に頼っていたくらい、入院中の便秘にはすごく悩まされていました。

 

入院中は安静にといわれていたのですが、足首や腕のストレッチをするだけでも気分的に体が軽くなり、ちょっとしたストレス解消になっていました。

 

産後は、悩んでいたのがうそなくらいに便通がよくなり、びっくりするくらいすごく嬉しかったです。